かたみ歌 | ひとりごと
<< ドライブ♪ | main | お土産♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
かたみ歌
評価:
朱川 湊人
新潮社
¥ 460
(2008-01-29)

 
   なぜ、こんなにも心にしみいるのだろう
     “涙腺崩壊”

そんな帯に書かれている言葉に惹かれ
手に取った一冊・・・です♪

泣く 事が少ないこの頃。。
お姉ちゃんに
「涙腺が詰まっている」
「心がさめている」
などと言われて
そんな事ないけど
でも、思いっきり泣けたら
すっきりする様な気もするなぁ〜
なんて思いつつ・・読み始めました。

舞台は昭和40年代のアカシア商店街

懐かしいヒット曲、生活の様子、古本店・・
すべてが優しいセピア色
現代と黄泉の国を結ぶ覚智寺

物語の最後にすべてが繋がり。。泣けます


40歳代の人にはより強く
懐かしさを感じるので
夏休みにお薦めの一冊です!
| | 16:39 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:39 | - | - | pookmark |
コメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
| 藍色 | 2010/09/15 11:05 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

blogpet

Amazon

MOBILE

qrcode

PROFILE

SEARCH

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
google-site-verification: googleab31265c5e10e184.html